【冬キャンプ】焚き火のやり方

おすすめ
こんにちは、
キャンプ見習いのかんなです!

今回のテーマは「焚き火」です。
私はキャンプで火を眺めている時間が一番好きです!焚き火を見る為にキャンプに行っていると言っても過言ではありません。

ただ薪を燃やしているだけに見えるますが、
見た目だけでなく、音や匂いなど奥深い魅力が満載です。特に冬のキャンプに焚き火は必須
その暖かさに感動すること間違いなしです。

それでは、
キャンプの醍醐味、キャンプの基本、キャンプの生命線とも言える焚き火の世界をご紹介します!


焚き火の魅力

1.焚き火で癒される
焚き火
焚き火と言えば、「パチパチ」と木がはぜる音やゆらゆら揺らめいている炎です。
この何とも言えない光景は見ているだけで癒されます。

その癒し効果は科学的に「1/fゆらぎ」と言われています。
小川のせせらぎや木漏れ日なども含まれます。
人間は自然に発生する不規則な動きに癒しを感じるんですね〜

身近なところだと「キャンドルの炎」なんかも見ていると落ち着きませんか?
ゆらゆら揺らめいている火を眺めているだけで心が穏やかになります。
キャンドルの炎をもっとダイナミックかつ、音付きなのが焚き火です!

2.焚き火で囲む人の輪
人の輪
焚き火をすると「人の輪」が自然とできます!
何かと忙しないキャンプ中、焚き火タイムだけは優雅にまったりする時間です。

みんなで火を囲んでいるだけで良い雰囲気♪
普段とは違う雰囲気の中、ぶっちゃけトークや、思い出話が盛り上がります。
そして、会話がなくなっても火を見ているだけでもいいのが焚き火。


焚き火に必要なもの
★焚き火台
【UCO】ミニフラットパック グリル&ファイヤーピット

焚き火台を使わずに直接地面で焚き火をする「直火」もありますが、キャンプ場によっては禁止している場合があるので要注意です。
レンタルはこちら▶︎焚き火台


★トング
トング
ただ薪を置くだけでは火は育ちません!
火の具合を見ながらこまめに調整する必要があります。そのためにトングは必須です。

★グローブ
グローブ

トングがあってもかなり熱いです!
火の粉が飛んでくることもあるので、軍手ではなく革手袋が安心です。

★火種(チャッカマン、マッチ等)
火起こしに欠かせない火種。
マッチは湿気に弱いので、アウトドア用のマッチを準備しておくのがおすすめです。

★薪
薪

薪の入手経路は様々です!
①キャンプ場周辺で集める
②キャンプ場で購入する
③事前に購入して、キャンプ場に持参する
初心者の方は③の事前購入をおすすめします!
薪の質によって焚き火が失敗する可能性が大いにあるからです。ホームセンターや最近だと通販でも手に入ります。

★着火剤
着火剤

初心者の方はぜひ用意してもらいたいのが着火剤です。これも事前購入できれば安心です。
現地では、枯葉やスギの葉、松ぼっくりがよく燃えます。


焚き火のやり方
道具が揃ったら焚き火を始めましょう!

〈焚き火の場所〉
焚き火との距離

・風向きや風の強さを考慮し、テントと一定の距離をとってください。
・風が強い日は焚き火を諦めましょう!

〈焚き火のポイント〉
・酸素で火を促進する
・小さいものから大きなものへ火を移す

〈焚き火の順序〉
①着火剤や火の付きやすいものを並べます
②次に薪の皮や細く割った薪を置きます
③その上に薪を八の字になるように組みます
※薪が崩れると危ないので安定させましょう
④着火剤に火をつけます
焚き火
焚き火
あとは火の様子を見ながら火を育てましょう!
「パチパチ」と音がしてきたら良い感じです♪

〈後片付け〉
薪は燃やし切るのが基本です。火が消えたら水をかけて完全に鎮火させましょう。冷めた灰は、キャンプ場の灰捨て場等で処理してください。


焚き火のやり方まとめ
焚き火の魅力からやり方までをご紹介しました!
焚き火を行う際には、安全に気をつけてマナーを守る必要があります。事前準備とキャンプ場の確認等を忘れずに行ってくださいね♪

アウトドアだからこそできる焚き火は魅力満載です!自由なキャンプライフを楽しみましょう!

Lenteでは、初心者の方でも焚き火を存分に楽しめるアイテムをレンタルできます。
▶︎焚き火囲炉裏セット[LOGOS]

みんなからのコメント

コメント不可

トラックバック

ログインが必要です

 

カレンダー

2020/11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

最近のエントリー

カテゴリー

タグ

アーカイブ

ページ先頭へ戻る
読み込み中です